2007年05月05日

上戸彩主演・テレビ朝日ドラマ・ホテリアー(第3話あらすじ)

杏子(上戸彩)は、水沢(及川光博)のやさしさに心が揺れ動いていました。
しかし、ついに杏子は、水沢がホテルを乗っ取りにきたことを知ってしまいました。

この後の杏子と緒方(田辺誠一)・水沢の恋の行方や、水沢と緒方の買収や杏子を巡る戦い?が見ものです。
また、上戸彩さんのこの後の演技が楽しみです。


【上戸彩主演・テレビ朝日ドラマ・ホテリアー(第3話あらすじ)】

総支配人の緒方耕平(田辺誠一)と森本あかね(サエコ)が部屋から出て来る様子が写ったビデオテープを手に入れた岩間副総支配人(東幹久)は、早速社長の北野みつ子(片平なぎさ)に提出。だが、息子の洋介(佐藤祐基)がその件に関わっていたことを知った社長は、緒方に頭を下げる。
 一方、緒方のホテルマンとしての実力と人柄を認め始めた東京オーシャンホテルのスタッフたちは、緒方の復帰を祝うサプライズ・パーティーを企画。緒方がみんなに受け入れられたことにほっと胸をなでおろす小田桐杏子(上戸彩)だったが、同じ日に水沢圭吾(及川光博)からデートに誘われてしまう。水沢の積極的な誘いに、断りきれない杏子は、パーティーの時間までならと約束に応じるのだった。

 だがその後、宿泊客とトラブルを起こし、社長に迷惑をかけてしまった杏子は、すっかり水沢との約束を忘れてしまう。さらに、緒方から贈られ、肌身離さず身につけていたペンダントを無くしてしまい、パーティーにも出席せずに探し回っていた。探すのを手伝った水沢は、杏子にとって緒方が大切な存在であることを知る。そして、杏子が自分のパーティーに顔を出さず、水沢と一緒にいたことを知った緒方も、複雑な感情を抱き始める。
 翌日、杏子は水沢から無くしたペンダントの代わりにと、新しいペンダントをプレゼントされる。だが、杏子は「お気持ちだけ」と丁重に断る。その夜、杏子がペンダントを無くした場所に向かうと、水沢が雨の中傘もささずにペンダントを探していた。杏子が止めるのも聞かず、ついにペンダントを探し出した水沢は、杏子に優しくペンダントをつける。「あなたに喜んで欲しくて…」そこまでする水沢の気持ちに胸が熱くなる杏子。水沢の愛の告白に杏子は何も答えられず……。
 同じ頃、緒方はホテルの前で雨の中を傘もささずにさまようあかねを発見。自分を跡取り人形のように扱う父への不満が爆発し、何も持たずに家を飛び出したのだ。あかねの父は、東京オーシャンホテルの乗っ取りをたくらむ張本人、大日東開発・森本会長(竹中直人)。だが、そんな事情を知らない緒方は再びあかねを保護する。緒方の優しさに触れたあかねは、寂しさに耐え切れず、思わず緒方に抱きついてしまう。

 あかねは翌日から東京オーシャンホテルで働くことになった。緒方はあかねに好意を寄せる洋介を保証人代わりに任命。洋介も快諾し、あかねはウエイトレス見習いとしてレストラン勤務になる。
 出かける水沢を笑顔で見送る杏子。偶然その様子を見ていたあかねは、水沢が父の雇った企業ハンターであることを思い出す。同じ頃、緒方のもとにも、友人のシン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)から「水沢圭吾という男に気をつけろ」というメールが届いていた。あかねからそのことを聞かされた杏子は思わず水沢の車を追い、走り出す。その姿に気付き、車を降りた水沢に単刀直入に尋ねる杏子。「このホテルを乗っ取りに来たって本当なんですか? 私を利用しようとしていたんですか?」その言葉に水沢は……!?

(テレビ朝日 ホテリアーより)

posted by ホテリアー調査人 at 12:39| ホテリアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。